> top > docs > sourcedb > FirstAuthors

Documents (1,276) JSON TSV

source DB source ID text # proj. # Ann.
FirstAuthors 2891 〈タイトル〉mTORとオートファジーとが共存するコンパートメントにより補強される細胞の分泌表現型 〈著 者〉成田昌子・成田匡志 〈著者所属〉英国Cancer Research UK Cambr 2 4 show
FirstAuthors 609 〈タイトル〉メチル化シトシンヒドロキシラーゼTet1はES細胞の自己複製を制御する 〈著者〉伊藤伸介・Yi Zhang 〈著者所属〉米国North Carolina大学Chapel Hill校 1 show
FirstAuthors 2348 〈タイトル〉APC/Cは前中期と中期とでは異なるサブユニットを介してCdc20と相互作用することで分解する制御タンパク質を変えている 〈著 者〉伊澤 大介 〈著者所属〉英国Cancer Res 1 show
FirstAuthors 3352 〈タイトル〉ATRの自己リン酸化はDNA損傷チェックポイント機構の活性化における分子スイッチとしてはたらく 〈著 者〉塩谷文章・Lee Zou 〈著者所属〉米国Harvard Medical 2 1 show
FirstAuthors 3623 〈タイトル〉膵臓β細胞における糖鎖修飾とグルコースの輸送低下を介する糖尿病の発症経路 〈著 者〉大坪和明1・Jamey D. Marth 2 〈著者所属〉1理化学研究所基幹研究所 ケミカルバイ 2 73 show
FirstAuthors 4089 〈タイトル〉細胞老化を誘導するDNA損傷シグナルはユビキチンリガーゼを介したヒストンメチル化酵素の分解を誘導する 〈著 者〉高橋暁子・原 英二 〈著者所属〉がん研究会がん研究所 がん生物部 2 28 show
FirstAuthors 4629 〈タイトル〉PPARγのアゴニストはPRDM16の安定化を介して白色脂肪細胞の褐色脂肪細胞への分化を誘導する 〈タイトル〉大野晴也・篠田幸作・梶村真吾 〈著者所属〉米国California大学 2 8 show
FirstAuthors 7412 〈タイトル〉淡明細胞型腎細胞がんにおける統合的な分子解析 〈著 者〉佐藤悠佑1・本間之夫2・小川誠司1 〈著者所属〉1東京大学医学部附属病院 がんゲノミクスプロジェクト,2東京大学大学院医学系 1 show
FirstAuthors 7918 〈タイトル〉炎症応答において重要なインフラマソームの構成タンパク質であるASCの活性化の機構 〈著 者〉原 英樹・光山正雄 〈著者所属〉京都大学大学院医学研究科 微生物感染症学 〈著者e-m 2 21 show
FirstAuthors 4504 〈タイトル〉EBウイルス関連Bリンパ腫に対する免疫監視機構と新たな治療法 〈著 者〉保田朋波流1・Baochun Zhang 2・Klaus Rajewsky 1 〈著者所属〉1ドイツMax 3 235 show