> ホーム > docs > sourcedb > FirstAuthor

ドキュメント一覧 (1,276) JSON TSV

ソースDB ソースID テキスト proj.数 annotationsの数
FirstAuthor 18873 成長板軟骨の休止細胞層には骨格幹細胞が存在する 要 約  骨格幹細胞は軟骨細胞,骨芽細胞,骨髄間質細胞など多様な細胞に分化することにより骨の成長および維持をつかさどる.筆者らは,以前に,マウスの長管骨 1 0 表示
FirstAuthor 18863 キナーゼ阻害剤とビグアナイド系薬剤の併用による相乗的な抗がん作用の分子機構 要 約  近年,正常な細胞とがん細胞とのあいだの代謝の差異をがんの治療の標的とすることに関心が高まっている.この研究において 1 0 表示
FirstAuthor 18858 哺乳類におけるRNAポリメラーゼIIのC末端ドメインのリン酸化を介する転写と共役したスプライシングの機構 要 約  哺乳類においてゲノムDNAに存在するタンパク質の情報はエキソンにコードされており,イ 1 0 表示
FirstAuthor 18850 転写因子により植物の1次細胞壁を肥厚させる 要 約  植物の1次細胞壁は植物にとり必須の構造であるが,これまで,その形成を制御する転写因子についてはあまりよくわかっていない.この研究において,筆者らは 1 0 表示
FirstAuthor 18386 アンフィレグリンを産生するメモリーTh2細胞は好酸球から産生されるオステオポンチンを介し気道の線維化を促進する 要 約  メモリーT細胞は免疫記憶をつかさどる細胞として病原体を効率よく排除する一方,喘 1 0 表示
FirstAuthor 18375 クライオ電子顕微鏡によるμオピオイド受容体とGiタンパク質との複合体の構造解析 要 約  μオピオイド受容体はGタンパク質共役受容体のひとつであり,医療などに使用されるオピオイドの標的である.μオピオ 1 0 表示
FirstAuthor 18371 T細胞における共抑制性遺伝子プログラムの発現の制御 要 約  CTLA-4やPD-1といった共抑制性受容体はエフェクターT細胞に共発現して免疫応答の恒常性に関与する.その制御の不全は自己免疫疾患をひき 1 0 表示
FirstAuthor 18363 分化の多能性の獲得に必要なクロマチンの再編成において転写因子Esrrbのはたす役割 要 約  転写因子は細胞に特有の表現型を獲得し維持するうえで中心的な役割をはたす.とくに,ひとにぎりの転写因子は細胞 1 0 表示
FirstAuthor 18342 自己組織化により生じる多細胞からなる構造の人工的な形成 要 約  動物の発生の過程において,細胞は互いにコミュニケーションしながら複雑な組織や器官を形成する.では,どのような細胞間シグナル伝達ネットワ 1 0 表示
FirstAuthor 18885 コケ植物に特有の光化学系I超複合体 要 約  植物の陸上への進出は地球史においてもっとも重要なイベントのひとつである.植物がどのようにその壮大な環境の変化に適応してきたかを知ることにより,将来に起こり 1 0 表示