> top > docs > sourcedb > FirstAuthor

Documents (1,276) JSON TSV

source DB source ID text # proj. # Ann.
FirstAuthor 12753 p38MAPキナーゼはストレス造血においてプリン体の代謝を介して造血幹細胞の細胞周期を促進する 要 約  造血幹細胞は造血系におけるもっとも未分化な細胞として定常な状態において造血の維持に寄与する.ま 1 0 show
FirstAuthor 9805 Toll様受容体TLR8は1本鎖RNAの分解産物を認識する 要 約  Toll様受容体TLR7およびTLR8はウイルスや死細胞に由来するRNAを認識して自然免疫反応をひき起こすが,その1本鎖RNAの認 1 0 show
FirstAuthor 338 植物における無細胞RISC形成系の確立と分子シャペロンHSP90によるRISC形成の促進 要 約  RNA-induced silencing complex(RISC)はRNAサイレンシングの中核を 1 0 show
FirstAuthor 3121 脱ユビキチン化酵素Ubp6はプロテアソームの分子集合を制御する 要 約  26Sプロテアソームはユビキチン化されたタンパク質を選択的に分解する巨大なタンパク質分解酵素複合体であり,タンパク質分解を介し 1 0 show
FirstAuthor 17162 温度に依存的な基質および生成物との結合が概日時計の温度補償されたリン酸化反応の基盤である 要 約  地球上の多くの生物種には約24時間を周期とする概日時計が備わるが,概日時計にはその周期が温度にほとん 1 0 show
FirstAuthor 2814 マウスRasgrf1遺伝子のインプリンティングとDNAメチル化にはpiRNAおよびその標的となる非コードRNAが必要である 要 約  インプリンティングは雌雄の生殖細胞で確立されるDNAメチル化の違い 1 0 show
FirstAuthor 11895 ショウジョウバエの幼虫においてインスリン様ペプチドが栄養に依存して産生される分子機構 要 約  すべての多細胞生物において,その恒常性は環境に応じて柔軟に変化し,発育の段階ごとに適切に制御されている. 1 0 show
FirstAuthor 5687 ACE2はアミノ酸の吸収を制御することにより腸内環境を維持し腸炎にならないようにしている 要 約  栄養不良は世界では主要な死因であり,多くの場合,下痢や腸炎をともなう.これまで,かたよったアミノ酸の 1 0 show
FirstAuthor 7229 分泌タンパク質の成熟化を監視するpHに依存的な新たなタンパク質の品質管理機構の発見 要 約  小胞体は分泌タンパク質や膜タンパク質が立体構造を獲得する場であり,厳正なタンパク質の品質管理機構が存在する 1 0 show
FirstAuthor 7717 Hippo経路の標的であるYAPおよびTAZは核におけるSHP2の機能を制御する 要 約  チロシンホスファターゼSHP2の機能の亢進はがんや発達障害などの疾病をひき起こす.SHP2は細胞膜の近傍や細 1 0 show