> top > docs > sourcedb > FirstAuthor

Documents (1,276) JSON TSV

source DB source ID text # proj. # Ann.
FirstAuthor 18674 高CO2はアポトーシスの制御機構とは異なるカスパーゼ7の活性化を介して気道平滑筋を収縮させる 要 約  呼吸不全をともなう慢性閉塞性肺疾患の患者は高CO2血症をともなうことが知られている.高CO2血症 1 0 show
FirstAuthor 1197 代謝によるグルタミン酸の輸送と放出の制御 要 約  飢餓がてんかん発作に有効なことは旧約聖書の時代から知られていたが,その機構は不明であった.小胞型グルタミン酸トランスポーターはシナプス小胞におけるグ 1 0 show
FirstAuthor 4428 アポトーシスにより生じた酸化ミトコンドリアDNAがNLRP3インフラマソームを活性化する 要 約  炎症性サイトカインであるインターロイキン1βはインフラマソームとよばれるタンパク複合体によりその分泌 1 0 show
FirstAuthor 16266 マウスにおける転写因子SoxCファミリーによる視神経の交差を担う網膜神経芽細胞の分化および軸索ガイダンスの制御機構 要 約  片目を閉じると両目で見るより物の空間的な位置を正確に把握することがむずかし 1 0 show
FirstAuthor 10144 間葉系細胞の凝集を利用したさまざまな器官原基の人為的な構成 要 約  近年,筆者らは,器官形成期に生じる細胞間相互作用を再現する特殊な培養法により,ヒトのiPS細胞に由来する肝臓の内胚葉細胞から巨大な 1 0 show
FirstAuthor 17104 霊長類モデルを用いたパーキンソン病に対するヒトのiPS細胞に由来するドーパミン神経前駆細胞の移植 要 約  パーキンソン病においてはおもに中脳のドーパミンニューロンが障害されさまざまな運動症状が生じる 1 0 show
FirstAuthor 18931 自己免疫疾患と環境因子とをつなぐ制御性T細胞におけるβカテニンの活性化 要 約  制御性T細胞は免疫寛容を維持するうえで非常に重要な役割をはたし,自己免疫疾患や炎症性疾患の発症および進展においては制御 1 0 show
FirstAuthor 18487 乱流は血小板の産生を活性化し生体外における臨床の規模での産生を可能にする 要 約  血小板の輸血は血小板の減少に対する治療法として有効であるものの,その供給すべてを献血に依存するため安定な供給を可能に 1 0 show
FirstAuthor 6392 肝臓のグルコキナーゼは神経ネットワークを介し褐色脂肪組織における熱産生を制御することにより肥満になりやすさをつかさどる 要 約  体重は本質的には摂取エネルギーと消費エネルギーとの収支により決定される 1 0 show
FirstAuthor 18542 頭蓋内の腫瘍性の病変によりT細胞は骨髄に隔絶される 要 約  グリオブラストーマは脳腫瘍のなかでもっとも悪性度が高く,固形がんの全体のなかでももっとも予後不良のカテゴリーに属する腫瘍であり,新規の治療 1 0 show