> ホーム > docs > PubMed-jpn:30925209

PubMed-jpn:30925209 JSONTXT

乳幼児期の家庭訪問におけるプログラムの質の考察: プログラムの下部構造から関係性へ 科学的根拠に基づく乳幼児期の家庭訪問プログラムの先例は多くあるが、 その分野自体は、あまりぱっとしない成果とプログラムの有効性レベルのばらつきに難渋している。 本論文は、機能の異なる領域を超えた複数の情報源を統合して、家庭訪問プログラムの質と特定された基準に対するコンプライアンスを評価するための州全体にわたるモニタリング・システムを開発する試みについて述べる。 57のプログラムからのモニタリング結果は変数に富むが、かなり高い質のレベルは保障されていた。プログラムは概ね、その過程からの満足度と効果を報告している。加えて、家庭訪問の直接観察と、家族への働きかけに関する家庭訪問者のアプローチについての彼らの報告との関係が分析された。結果は、ささやかであるが有意差を示した。集約した情報の幅広さと実用化の間にはトレードオフがあるが、家庭訪問プログラムを支援するためにモニタリングの調査結果を使用することは、質を改善していく可能性を持つ。.

プロジェクト このドキュメントを含むプロジェクト

未選択 / アノテーション 選択済み / アノテーション