PubMed-jpn:31323708 JSONTXT

乳幼児精神保健を新たに捉えなおす: 乳幼児精神保健、インターセクショナリテイー (交差性) 、生殖の公平性 乳幼児精神保健の分野は従来、発達科学、心理学、精神医学などの専門家の論説により成り立ち、小児科、母子の健康、早期介入、早期ケアと教育、そして児童福祉と同じくらい広い範囲の実行領域を含んでいる。世界乳幼児精神保健学会 (WAIMH) は 2014 年 (2016 年に改訂) に乳幼児の権利について声明文を発表し、乳幼児の独特だが、普遍的な発達能力とニーズについて専門的理解が人権にもたらす意味合いを認識した。この論文は WAIMH の声明文で概説された方針にかかわる事柄と、生殖の公平性の分野における重大な論点を結び付け、乳幼児に代わって WAIMH が彼らの権利への何らかの行為をさらに呼びかけ、関連する活動が役立つ形で協力していける道を示す。経済的な不公平、人種に基づいた健康格差、性の不平等をつなぎ、この論文では生殖の公平性を現実化しなければ、乳幼児のメンタルヘルスは守れないと論じる。.

Annnotations TAB TSV DIC JSON TextAE TextAE-old TextAE-Dev

  • Denotations: 0
  • Blocks: 0
  • Relations: 0
  • Modifications: 0