> top > docs > sourcedb > FirstAuthor

Documents (1,276) JSON TSV

source DB source ID text # proj. # Ann.
FirstAuthor 9985 生後まもなく発生するAireに依存性の制御性T細胞が自己免疫寛容を維持する 要 約  Aireは胸腺髄質上皮細胞に発現し,末梢組織に特異的な自己抗原の発現を誘導することによりT細胞を選択する,免疫学的 1 0 show
FirstAuthor 9980 時計タンパク質は臨界期のタイミングを制御する 要 約  時計タンパク質が発振する概日リズムはさまざまな生理機能を制御しているが,脳における役割は時計中枢である視交叉上核を除き不明な点が多い.筆者らは, 1 0 show
FirstAuthor 9977 TGFβはがん幹細胞の不均一性を助長し抗がん剤に対する耐性およびがんの再発に関与する 要 約  もとはひとつのがん化した細胞が起源であっても,腫瘍のなかには性質や機能の異なるがん細胞が現われる.とくに 1 0 show
FirstAuthor 9964 ヒト成人からの褐色脂肪細胞株の単離およびその性状の解析 要 約  哺乳類には余剰なエネルギーを蓄積する白色脂肪組織とエネルギーを消費し熱を産生する褐色脂肪組織の2種類の脂肪組織が存在する.従来は,寒冷 1 0 show
FirstAuthor 9945 転写共役因子YAPは脊椎動物の3次元的な形態を生み出す組織張力の制御に必要不可欠である 要 約  脊椎動物のからだは3次元的な形態をもち,組織や器官が正しくかたちづくられ適切に配置されることにより,は 1 0 show
FirstAuthor 9943 光駆動型のNa+ポンプKR2の構造機能解析 要 約  ヒトを含め多くの生物はロドプシンとよばれるタンパク質を用いて光を受容するが,近年,一部のロドプシンは,光の照射により任意のニューロンを興奮あるいは 1 0 show
FirstAuthor 9927 AFF4遺伝子の機能獲得型の変異による先天異常症候群と転写伸長因子複合体およびコヒーシンによる遺伝子発現の制御機構 要 約  Cornelia de Lange症候群は精神および運動における発達の遅滞 1 0 show
FirstAuthor 9925 視交叉上核のバソプレシン産生ニューロンの細胞時計はニューロンのあいだの連絡の制御をとおし行動の概日リズムを制御する 要 約  視交叉上核の中枢概日時計はさまざまなタイプのニューロンから構成される神経ネ 1 0 show
FirstAuthor 9923 NotumはWntを脱アシル化することによりWntシグナルを阻害する 要 約  Wntシグナルは生体における正常な発達や組織の恒常性の維持に不可欠であり,その異常はがんなどさまざまな疾患をひき起こす. 1 0 show
FirstAuthor 9916 シロオビアゲハのベイツ型擬態の分子機構 要 約  シロオビアゲハは一部のメスのみが毒をもつチョウベニモンアゲハに擬態する.その擬態型の形質はH遺伝子座に起因することが知られていた.シロオビアゲハの全ゲ 1 0 show