> top > docs > sourcedb > FirstAuthor

Documents (1,276) JSON TSV

source DB source ID text # proj. # Ann.
FirstAuthor 18731 TLR3-mTOR複合体2シグナルによるヘルペス脳炎の制御 要 約  Toll様受容体(Toll-like receptor:TLR)のひとつであるTLR3は,脳における単純ヘルペスウイルス1型に対す 1 0 show
FirstAuthor 18704 酢酸を基質としてRNAをアセチル化する酵素の発見 要 約  タンパク質が翻訳ののちアセチル化されるように,RNAも転写ののちアセチル化されることが知られている.RNAのアセチル化修飾であるN4-アセチ 1 0 show
FirstAuthor 18674 高CO2はアポトーシスの制御機構とは異なるカスパーゼ7の活性化を介して気道平滑筋を収縮させる 要 約  呼吸不全をともなう慢性閉塞性肺疾患の患者は高CO2血症をともなうことが知られている.高CO2血症 1 0 show
FirstAuthor 18671 RANKL逆シグナルによる骨吸収と骨形成の共役 要 約  RANKLは骨芽細胞の系譜に発現し,破骨前駆細胞に発現するRANKを刺激して破骨細胞の分化および成熟を制御するタンパク質として知られている.近 1 0 show
FirstAuthor 18665 ゲノム編集において標的の範囲の拡張されたCas9改変体の開発 要 約  RNA依存性DNAエンドヌクレアーゼであるCas9はゲノム編集のツールとして利用されている.しかし,Cas9がDNAを認識するに 1 0 show
FirstAuthor 18656 運動学習をへて現われる視床から運動野へのシグナルは入力層に依存して異なるダイナミクスを示す 要 約  大脳基底核および小脳は運動学習において非常に重要な役割をはたすが,それらが運動学習の際にどのような 1 0 show
FirstAuthor 18651 アニオン透過型のチャネルロドプシンにおけるイオンの選択性およびキネティクスの構造基盤 要 約  ヒトを含め多くの生物はロドプシンとよばれるタンパク質を用いて光を受容するが,なかでも近年,光を感受してイ 1 0 show
FirstAuthor 18439 ミトコンドリアの分裂と融合の停止が示したマイトファジーをひき起こすユビキチン化および非アルコール性脂肪性肝疾患の症状の抑制 要 約  細胞におけるエネルギーの工場であるミトコンドリアは好気呼吸によりA 1 0 show
FirstAuthor 18437 脊椎動物の神経堤細胞と頭部プラコードは進化的に共通の起源をもつ 要 約  プラコードおよび神経堤細胞は脊椎動物を特徴づける組織であるが,脊椎動物の進化の過程においてこれらがどのように獲得されたのかは不 1 0 show
FirstAuthor 18420 成人T細胞性白血病リンパ腫細胞の増殖に必須のBATF3-IRF4転写因子複合体 要 約  成人T細胞性白血病リンパ腫はヒトT細胞白血病ウイルスI型のキャリアのごく一部において長い潜伏期間ののち発症する 1 0 show