> ホーム > docs > sourcedb > FirstAuthor

ドキュメント一覧 (1,276) JSON TSV

ソースDB ソースID テキスト proj.数 annotationsの数
FirstAuthor 3833 X染色体連鎖性精神遅滞の原因遺伝子の産物であるOligophrenin 1は代謝型グルタミン酸受容体の活性化により新規に翻訳され長期抑制に機能する 要 約  代謝型グルタミン酸受容体の活性化は長期抑制 1 0 表示
FirstAuthor 5829 血管内皮細胞においてクラスII型PI3キナーゼは血管新生および血管バリア機能に重要な役割を担う 要 約  イノシトールリン脂質リン酸化酵素であるPI3キナーゼのうち,クラスI型PI3キナーゼは細胞の増 1 0 表示
FirstAuthor 6478 核内受容体であるNr4aファミリーは胸腺における制御性T細胞への分化および免疫恒常性の維持において必須の役割を担う 要 約  胸腺におけるCD4陽性T細胞への分化において,自己抗原に対し親和性の高いT 1 0 表示
FirstAuthor 6953 薬剤耐性細菌の出現の原因となる多剤排出輸送体の構造および機能の解明 要 約  MATEファミリータンパク質は生物界に広く存在する膜タンパク質輸送体であり,イオン濃度勾配を利用してさまざまな異物を細胞外 1 0 表示
FirstAuthor 8284 メダカの雌が見知った雄を配偶者として選択する行動の神経基盤 要 約  社会的な親密性は多くの動物において配偶者を選択する行動に影響をあたえる.しかしながら,その神経基盤については未知な部分が多かった. 1 0 表示
FirstAuthor 8338 エストロゲンは妊娠中の造血幹細胞の自己複製を亢進する 要 約  有性生殖を行う動物のさまざまな組織には雌雄差のあることが知られており,これら雌雄差を示す組織には性ホルモンにより直接的あるいは間接的に制 1 0 表示
FirstAuthor 8403 網膜において双極細胞の投射野は光の刺激により動的に変化する 要 約  感覚神経系の研究は“受容野”の概念を中心に発展してきた.しかし,それと相補的な概念である“投射野”についての知見はほとんど得られて 1 0 表示
FirstAuthor 8552 哺乳類において細胞の大きさを制御するタンパク質Largen 要 約  哺乳類が細胞の大きさを維持する機構についてはよくわかっていない.筆者らは,新規の遺伝学的なスクリーニングにより,ヒトの細胞において 1 0 表示
FirstAuthor 8761 オートファジー始動複合体の形成の構造基盤 要 約  出芽酵母においてはPASとよばれる構造体の形成がオートファジー始動の最初のステップである.PASの形成にはAtg13が飢餓に依存して脱リン酸化され, 1 0 表示
FirstAuthor 9485 転写因子Bach2およびBach1による骨髄系細胞において発現する遺伝子の発現の抑制はB細胞の分化を促進する 要 約  血球細胞の分化は,多分化能をもつ造血幹細胞にはじまり,数段階の前駆細胞をへて分化 1 0 表示