> ホーム > docs > sourcedb > FirstAuthor

ドキュメント一覧 (1,276) JSON TSV

ソースDB ソースID テキスト proj.数 annotationsの数
FirstAuthor 18331 ヒトに固有なNOTCH2NLB遺伝子はNotchシグナルの制御を介して大脳皮質のニューロンを増加させる 要 約  ヒトの発達した認知機能の基盤は大きく拡大した大脳皮質である.しかし,ヒトにおける大脳皮 1 0 表示
FirstAuthor 18322 Sema6D逆行性シグナルによる脂質代謝の制御は抑制性マクロファージの分化に必須である 要 約  炎症性マクロファージあるいは抑制性マクロファージへの分化にはmTORシグナルを介した代謝系の適切な活性 1 0 表示
FirstAuthor 18318 がん細胞は感覚受容の分子機構をハイジャックすることにより酸化ストレスに対する耐性を亢進させる 要 約  がん細胞は本来は細胞が生存できないようなさまざまなストレスにさらされており,厳しい環境においても 1 0 表示
FirstAuthor 18307 関節炎を惹起するTh17細胞は滑膜細胞および自然リンパ球によるGM-CSFの産生をひき起こし関節炎の発症および増悪を制御する 要 約  Th17細胞が自己免疫疾患に関与することが明らかにされてきたが, 1 0 表示
FirstAuthor 18296 ZNFX-1はヌアージュにおいてエピジェネティックなシグナルのバランスのとれた形成を促進する 要 約  線虫の生殖細胞においては,Argonauteタンパク質およびそれと結合した小分子RNAが世代をこ 1 0 表示
FirstAuthor 18288 インフルエンザウイルスはHAタンパク質とシアル酸により修飾された電位依存性Ca2+チャネルとの結合を介して宿主細胞に侵入する 要 約  A型インフルエンザウイルスの宿主細胞への侵入はウイルスの表層にあ 1 0 表示
FirstAuthor 18258 Hsp70シャペロン系およびHsp90シャペロン系は異なる役割をもちながらも協調してArgonauteを活性のある構造へと変化させる 要 約  RNAサイレンシング機構の中核をなすArgonauteへ 1 0 表示
FirstAuthor 18249 βアレスチンのS-ニトロシル化はGタンパク質共役受容体からのシグナルをかたよらせて伝達させリガンドに非依存的な機能にも影響する 要 約  Gタンパク質共役受容体はGタンパク質に依存的なシグナル伝達系お 1 0 表示
FirstAuthor 18244 共生細菌の産生するオス殺し毒素 要 約  昆虫の共生細菌のなかには宿主の性を利己的に操作することにより感染を広めようとするものがいる.キイロショウジョウバエの共生細菌であるスピロプラズマは,宿主のオス 1 0 表示
FirstAuthor 18232 核内輸送受容体はRNA結合タンパク質FUSの液-液相分離を抑制する 要 約  液-液相分離は特定の生体高分子が膜のない集合体を形成するものであるが,その形成の過程および消失については不明な点が多く残さ 1 0 表示