> ホーム > docs > sourcedb > FirstAuthor

ドキュメント一覧 (1,276) JSON TSV

ソースDB ソースID テキスト proj.数 annotationsの数
FirstAuthor 18850 転写因子により植物の1次細胞壁を肥厚させる 要 約  植物の1次細胞壁は植物にとり必須の構造であるが,これまで,その形成を制御する転写因子についてはあまりよくわかっていない.この研究において,筆者らは 1 0 表示
FirstAuthor 18829 表皮幹細胞は隣接する細胞の分化に促され分裂する 要 約  哺乳類の成体の組織は長期間にわたりターンオーバーしつづける.これは,組織において細胞分化と細胞分裂が共存するなか,細胞数のロスとゲインがつりあ 1 0 表示
FirstAuthor 18804 睡眠の質は時計遺伝子に依存的な神経活動の発火パターンのゆらぎにより決まる 要 約  脳の情報表現の様式についての枠組み的な概念として,発火頻度が情報表現の実体であると考える発火頻度表現の考え方と,発火 1 0 表示
FirstAuthor 18798 模倣学習を発動させる中脳から感覚運動野へのドーパミンの出力 要 約  模倣は,規範的なモデルとなる他者の行動を記憶し自らの行動により正確に再現することを可能にする,きわめて効率的な学習能力である.しか 1 0 表示
FirstAuthor 18784 クロマチンにおける転写の構造基盤 要 約  真核生物においてゲノムDNAはヌクレオソームを基本単位とするクロマチンを形成し核に収納される.生命活動の根幹である遺伝子の発現は,RNAポリメラーゼIIによ 1 0 表示
FirstAuthor 18773 KRAS変異型の非小細胞肺がんに対するTBK1を標的とした新規の治療法の開発 要 約  KRAS遺伝子変異は非小細胞肺がんにおいて頻繁に観察されるドライバー変異であるが,変異型KRASを標的とする有効 1 0 表示
FirstAuthor 18766 転写因子Bach1およびBach2は環境の変化に応じた赤血球系細胞とミエロイド系細胞との分化の運命決定を制御する 要 約  複雑な造血系は少数の造血幹細胞および造血前駆細胞の分化および成熟により構築さ 1 0 表示
FirstAuthor 18757 ANKZF1およびPtrh1は停滞したリボソームからそれぞれ異なる分子機構により新生ポリペプチド鎖の解離を促進する 要 約  RQC経路はリボソームの停滞により生じる不完全な新生ポリペプチド鎖を監視し 1 0 表示
FirstAuthor 18751 ヒトにおいてRad52およびXPGを介したRループ構造の解消により転写共役型相同組換え修復がひき起こされる 要 約  ゲノムは実際にはその一部しか利用されておらず,頻繁に転写される領域は相対的に重要で 1 0 表示
FirstAuthor 18742 リボソームのリン酸化を介した翻訳の制御 要 約  リボソームはタンパク質を合成するだけの静的な装置であると考えられていたが,近年,リボソームそれ自体が結合タンパク質や化学修飾を介して翻訳の制御にかかわ 1 0 表示