> top > docs > FirstAuthor:2014 > div:3

FirstAuthor:2014 (3) JSONTXT < >

2.Paget’s病患者の破骨前駆細胞における刺激に対する感受性
2.Paget’s病患者の破骨前駆細胞における刺激に対する感受性
 麻疹ウイルス感染かつp62変異Paget’s病患者の破骨前駆細胞は1,25-ジヒドロキシビタミンD3による刺激に対して高感受性を示し,麻疹ウイルス非感染かつp62変異Paget’s病患者,および,健常者と比較して,1/10~1/100の濃度の1,25-ジヒドロキシビタミンD3により破骨細胞の形成を促進した.一方,RANKLによる刺激に対しては麻疹ウイルスの感染の有無にかかわらずp62に変異をもつPaget’s病患者で感受性が亢進していた.

projects that include this document

Unselected / annnotation Selected / annnotation