> top > docs > FirstAuthor:2014 > divs

FirstAuthor:2014 JSONTXT

Divisions (8) JSON TSV

div. section text # proj. length # Ann.
0 TIAB 麻疹ウイルスの感染とp62の変異はともにPaget’s病における破骨細胞の活性亢進に貢献する 要 約  Paget’s病の発症には麻疹ウイルスの感染とp62の変異とが関与していることが示唆されたため, 1 783 0 show
1 はじめに はじめに  Paget’s病は活性化した破骨細胞による骨吸収の促進とそれにともなう過度の骨形成の認められる慢性かつ代謝性の骨疾患である1).患者の骨組織片には100核以上に巨大化した破骨細胞が観察され 1 1065 0 show
2 1.Paget’s病患者の破骨前駆細胞における麻疹ウイルスの感染 1.Paget’s病患者の破骨前駆細胞における麻疹ウイルスの感染  これまでの筆者らの知見により,Paget’s病患者の破骨細胞において麻疹ウイルスの感染が認められたため,麻疹ウイルスヌクレオカプシド 1 335 0 show
3 2.Paget’s病患者の破骨前駆細胞における刺激に対する感受性 2.Paget’s病患者の破骨前駆細胞における刺激に対する感受性  麻疹ウイルス感染かつp62変異Paget’s病患者の破骨前駆細胞は1,25-ジヒドロキシビタミンD3による刺激に対して高感受性を示し 1 255 0 show
4 3.p62に変異をもつPaget’s病患者の破骨前駆細胞へのアンチセンスオリゴヌクレオチド導入実験 3.p62に変異をもつPaget’s病患者の破骨前駆細胞へのアンチセンスオリゴヌクレオチド導入実験  Paget’s病患者の破骨前駆細胞へ麻疹ウイルスヌクレオカプシドタンパク質をコードするアンチセンス 1 763 0 show
5 4.変異型p62ノックイン/麻疹ウイルストランスジェニックマウスにおける解析 4.変異型p62ノックイン/麻疹ウイルストランスジェニックマウスにおける解析  Paget’s病患者の骨髄細胞の解析からp62の変異と麻疹ウイルスの感染の両方がその病因として指摘された.しかし,Pag 1 2098 0 show
6 おわりに おわりに  麻疹ウイルストランスジェニックマウスおよび変異型p62ノックイン/麻疹ウイルストランスジェニックマウスの破骨前駆細胞を1,25-ジヒドロキシビタミンD3により刺激すると,野生型マウスおよび 1 405 0 show
7 生命科学の教科書における関連するセクションへのリンク 生命科学の教科書における関連するセクションへのリンク 東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部附属教養教育高度化機構自然科学教育高度化部門から公開されている生命科学の教科書 “A Comprehens 1 177 0 show