> top > docs > FirstAuthor:1012 > div:2

FirstAuthor:1012 (2) JSONTXT < >

1.ATACアセチルトランスフェラーゼ複合体はMAPキナーゼシグナル伝達系の関連タンパク質と相互作用する
1.ATACアセチルトランスフェラーゼ複合体はMAPキナーゼシグナル伝達系の関連タンパク質と相互作用する
 ショウジョウバエS2細胞から得たATACアセチルトランスフェラーゼ複合体の質量分析計による解析により,いずれもMAPキナーゼシグナル伝達系に関連するタンパク質である,c-JunのホモログJra,SteキナーゼMisshapen(MSN)に由来するペプチドが検出された.また,ほかのSteキナーゼであるMKK4,MEK3/MKK3,JNK経路に遺伝的に相互作用するChickadeeに由来するペプチドがATACアセチルトランスフェラーゼ複合体の構成タンパク質であるCG10238の精製より検出された5).

projects that include this document

Unselected / annnotation Selected / annnotation