> top > docs > FirstAuthor:1012 > div:10

FirstAuthor:1012 (10) JSONTXT < >

おわりに
おわりに
 筆者らは,ATACアセチルトランスフェラーゼ複合体は共役転写活性化因子として機能するとともに,JNKシグナル伝達系を抑制し負のフィードバックを供することを示した.細胞外刺激に対し細胞が適切に対応するように,ATACアセチルトランスフェラーゼ複合体はマスターレギュレーターとして機能するのだろう.

projects that include this document

Unselected / annnotation Selected / annnotation