> top > docs > FirstAuthor:1008 > div:0

FirstAuthor:1008 (0) JSONTXT >

TIAB (Title and Abstract)
サイクリン依存性キナーゼCdk1による染色体パッセンジャー複合体のリン酸化は染色体の2方向性を促進する
要 約
 細胞分裂の際,複製した染色体を2つの娘細胞に均等に分配するためには,ペアをなす姉妹染色分体それぞれが反対極から伸びたスピンドル微小管によって別々に捕らえられる必要がある.しかし,分裂期の初期においては,1本の染色分体が両側からのスピンドル微小管によって捕えられるなど,間違った結合が存在する.染色体パッセンジャー複合体は分裂期に姉妹動原体のあいだに位置するセントロメア領域に局在し,これら間違った結合を特異的に不安定化することで染色体が正しい方向から捕らえられることを保証する役割をはたしている.筆者らは,分裂酵母およびヒト培養細胞を用いた解析から,Cdk1-サイクリンB複合体が分裂期に染色体パッセンジャー複合体のサブユニットをリン酸化することでセントロメアタンパク質Shugoshinとの結合を促進し,染色体パッセンジャー複合体をセントロメアへと局在させていることを明らかにした.これは,これまで細胞周期進行の制御因子と考えられていたCdk1が,染色体の2方向性という染色体分配に必須な過程を染色体パッセンジャー複合体のリン酸化により制御していることをはじめて示したものである.

projects that include this document

Unselected / annnotation Selected / annnotation