> top > docs > sourcedb > FirstAuthor

Documents (1,276) JSON TSV

source DB source ID text # proj. # Ann.
FirstAuthor 1008 サイクリン依存性キナーゼCdk1による染色体パッセンジャー複合体のリン酸化は染色体の2方向性を促進する 要 約  細胞分裂の際,複製した染色体を2つの娘細胞に均等に分配するためには,ペアをなす姉妹染色 4 1 show
FirstAuthor 9036 老化細胞は分裂期の回避により生じた4倍体のG1期細胞である 要 約  細胞老化は不可逆的な細胞増殖の停止機構であり,重要な抗腫瘍化機構のひとつであると考えられている.以前より,細胞老化の誘導にはがん抑 3 0 show
FirstAuthor 12242 PETを分解する細菌の発見 要 約  PETはペットボトルや衣類などの用途のため製造され,ほとんどの場合,短期間の使用ののち廃棄されている.その多くは環境へ流出するが,生物による分解をうけず蓄積する一 3 0 show
FirstAuthor 1464 Pten遺伝子の欠損後のmTORの活性化はがん抑制遺伝子を誘導し白血病発症を抑え造血幹細胞を枯渇させる 要 約  Pten遺伝子の欠損は造血幹細胞を枯渇させる一方で白血病始原細胞を増幅させ,mTORの 3 9 show
FirstAuthor 18651 アニオン透過型のチャネルロドプシンにおけるイオンの選択性およびキネティクスの構造基盤 要 約  ヒトを含め多くの生物はロドプシンとよばれるタンパク質を用いて光を受容するが,なかでも近年,光を感受してイ 3 0 show
FirstAuthor 18459 シャジクモのゲノムの解読が明かす陸上植物への道および独自の進化 要 約  この研究において,筆者らは,陸上植物に近縁な藻類であるシャジクモのゲノムを解読した.陸上植物およびシャジクモより遠縁のクレブロ 3 1 show
FirstAuthor 18371 T細胞における共抑制性遺伝子プログラムの発現の制御 要 約  CTLA-4やPD-1といった共抑制性受容体はエフェクターT細胞に共発現して免疫応答の恒常性に関与する.その制御の不全は自己免疫疾患をひき 3 4 show
FirstAuthor 18457 海馬の記憶エングラムは経験の表象へのインデックスである 要 約  エピソード記憶は海馬のニューロンが担う.マウスにおいて,記憶エングラムの光遺伝学的な操作により海馬のニューロンが記憶の想起に必要かつ誘 3 0 show
FirstAuthor 18638 ノシセプチン受容体およびμオピオイドペプチド受容体に対する2機能性のアゴニストは霊長類において有害な作用のない鎮痛薬になりうる 要 約  オピオイドの処方箋の誤用および乱用の問題から,依存性のない強力 3 0 show
FirstAuthor 18363 分化の多能性の獲得に必要なクロマチンの再編成において転写因子Esrrbのはたす役割 要 約  転写因子は細胞に特有の表現型を獲得し維持するうえで中心的な役割をはたす.とくに,ひとにぎりの転写因子は細胞 3 0 show