> top > docs > sourcedb > FirstAuthor

Documents (1,276) JSON TSV

source DB source ID text # proj. # Ann.
FirstAuthor 1012 ATACアセチルトランスフェラーゼ複合体はMAPキナーゼと協調することでJNKの標的遺伝子を制御する 要 約  細胞外刺激への対応においてc-Junなど転写因子はシグナル伝達の標的となっている.筆者ら 3 0 show
FirstAuthor 1115 hnRNP UはX染色体へのXist RNAの局在を制御する 要 約  ノンコーディングRNAの一種であるXist RNAはX染色体の不活性化における必須因子である.通常のmRNAは細胞質へと輸送され 3 0 show
FirstAuthor 1008 サイクリン依存性キナーゼCdk1による染色体パッセンジャー複合体のリン酸化は染色体の2方向性を促進する 要 約  細胞分裂の際,複製した染色体を2つの娘細胞に均等に分配するためには,ペアをなす姉妹染色 2 0 show
FirstAuthor 864 ホスホリパーゼD2に依存的なPPARγの活性化阻害にはサイクリックホスファチジン酸が関与する 要 約  サイクリックホスファチジン酸はリゾホスファチジン酸の環状アナログ体であり,ヒトから粘菌まで広く存 2 0 show
FirstAuthor 773 平面内細胞極性にかかわるタンパク質が共通の細胞骨格を制御して細胞集団の極性制御と繊毛形成とを制御する 要 約  発生過程において細胞極性を制御する平面内細胞極性(PCP)経路の新たなターゲットがみつか 1 0 show
FirstAuthor 1016 ケミカルジェネティクスにより明らかとなったストリゴラクトンの植物ホルモンとしての新たな機能 要 約  寄生植物であるストライガによる被害はアフリカの農地で拡大しており,貧しい農民に巨大な被害をあたえて 2 0 show
FirstAuthor 2014 麻疹ウイルスの感染とp62の変異はともにPaget’s病における破骨細胞の活性亢進に貢献する 要 約  Paget’s病の発症には麻疹ウイルスの感染とp62の変異とが関与していることが示唆されたため, 1 0 show
FirstAuthor 2053 受容体SLAMと結合した麻疹ウイルスHタンパク質の構造 要 約  麻疹はいまなお世界中で多くの感染者と死者をだしている感染力の非常に強い急性のウイルス感染症である.その病原体である麻疹ウイルスは呼吸器 1 0 show
FirstAuthor 2119 古細菌の細胞分裂を担うESCRT-III複合体の分子構造的な基盤 要 約  Crenarchaeota界に属するSulfolobus目の古細菌は二分裂により増殖するが,一方で,ほぼ普遍的に存在するアク 1 0 show
FirstAuthor 2755 結晶シリカおよびアルミニウム塩はマクロファージを刺激しNALP3インフラマソームに依存することなくプロスタグランジンの産生を制御する 要 約  結晶シリカやアルミニウム塩などの粒子状物質の多くは自然免 1 0 show